水の方向音痴



<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


井上陽水 氷の世界ツアー2014 決定♪

きゃ~!!!! 陽水さま ツアー決定のお知らせが出てる~ うそ~うそ~本当~!?(*´∀`*)

『井上陽水 氷の世界ツアー 2014』決定!!

わ~何か本当にびっくり~ 嬉しい!!!! もう日程も出てる~

しかもサイトの写真 ひゃ~かっこい~!!!!もうもう どうしよう!ついていけない(笑)

サイトのリニューアルもうれしいなぁ♪
ん?なにやら

Comment
(スタッフより)
ふとした時に。しばしお待ち下さい。

なになに♪これからサイトの更新も楽しみ~


わ~いきなりのツアー発表本当に驚きました。 J- WAVE Live やジョンレノンスーパーライヴもすご~くすご~く嬉しかったけど、じっくり陽水さまだけの時間ではなかったので、どれだけツアーが贅沢な時間だったかと しみじみしみじみ本当に身に染みて感じてました(泣)

氷の世界ツアー2014 期待いっぱい胸いっぱい♪ や~ん 陽水さまに会える~♪きゃっほ~♪♪♪

今年は思うように休めないのであまり行けないかもしれないけど・・・でも、もうもう本当にうれしい~♪♪♪
[PR]
by tukiakariniukabu | 2014-01-24 22:53 | yosui inoue | Comments(0)

井上陽水 ドキュメント 「氷の世界40年」

バタバタとした年末年始が終わりやっとこホッとした一時

「井上陽水 ドキュメント“氷の世界40年” 〜日本初のミリオンセラーアルバムの衝撃とその時代〜」 この番組とても良かった~ 嬉しい嬉しい絶対保存版です♪

ギターを手に 氷の世界 を歌われる陽水さまから始まります。ギターかっこいいですね もうこの感じがワクワクします。

そして福岡のラジオ番組のプロデューサー野見山さんが 氷の世界 発売日のレコード屋さんの状態を振り返ります。100~200人並んで、殺気だって段ボール開けて段ボールから手渡し状態でお金も段ボールへ レコードアルバムがこんな人だかりがして売れてる 驚きと感動。とお話されます。

そうですよね、当時は今みたいにネットで注文とかじゃないからレコード屋さんに実際にそれだけの人が殺到したんですね。

そして アマチュアの時セコセコと録音録ってたのを 走馬灯のごとく浮かんできます 感動した どうしてここまで来たんだろう と。以前に他の番組で野見山さんは当時ラジオ局にテープを持って来た時の陽水さまを振り替えってましたね。ゴム草履にジーパンで多分お風呂も1~2ヵ月入ってないんじゃないかとそうゆう風体の人が テープ聴いてくれって袋に入れたテープを出した と。お風呂も入ってないようなって・・・(笑)

この番組随分いろんな方が当時を振り返って語られてます。陽水さまも夜景が見える落ち着いた明かりのお部屋でアルバム作るまでの流れなど多賀さんのインタビューを挟みながらお話されます。 このお部屋でゆったり話される陽水さまステキだなぁ。

そしてまた別の印象的な照明のお部屋で、当時の録音スタッフの方々が集合して当時のマルチテープを陽水さまと試聴していきます。帰れない二人 から始まり用語はよくわからないけど、いろいろな音を聴いていきます。わ~あんなにいろいろと合わさって音楽になってるんですね~!! 面白い

帰れない二人 陽水さまの声も入り 川瀬さんじんわりと感じられたように いいねいい曲だね 今さらだけど と。本当いい曲ですね 清志郎さんと曲を作った時のお話などもされ 何だかいい時間が流れてる感じです。昨年のNHKホールで思いがけず 帰れない二人 を歌われ、なんとも言えない歌声にうるうるした事を思い出します。

リリーフランキーさん、みうらじゅんさん、サンボマスターの山口さんがどうこの曲を作ったか勝手に推理していくんですけど、これ意外と面白かったです(笑)

この後 心もよう もマルチで聴いていきます。普段こうゆう風に聴くことのない音なので面白いですね いろいろと工夫されてるんだ~。 そして 心もよう の元の歌詞、ボツになった 普通郵便 の歌詞で軽く陽水さまが

♪遠くの街の駅で ~ 降りて空を見ると 線路の脇に草がある 草のにおいで旅を知る
僕らが旅へ 出てゆくわけは
とここまで少し笑いながら歌われます。

わ~貴重だ~ まず聴くことはないですよね!!!! 嬉しいなぁ♪ そして陽水さまの自筆の作詞ノートが映り 書き直した歌詞もたまにボツにされたと

♪19才になったお祝いに~ の部分はそのノートには ♪レモンを買いに行くほかは ほとんど毎日家に居ます となってます!!びっくり

そしてみんなが 帰れない二人 をA面に考えていた中で、多賀さんは周囲の反対を押しきって 心もよう をA面にした心境をインタビューで明かされます。

当時 多賀さんだけ孤立し、陽水さまと お互いに気分悪くて一週間位口もきいてない ディレクターとして陽水さまと対峙することはやめたいなぁと思っていたそうです。

陽水さまはそのインタビュー
聞かれ、そんなに対立したことをそこまで重く受け止めてたのか~と驚いたくらい ものぐさの僕としては面倒くさい書き換える作業が 。と(笑)

そして 帰れない二人 を陽水さまが歌われます♪ やっぱりステキだなぁ~ライブの感じも最高だし、お部屋で歌われてる感じも じんわりと心に広がっていく感じでいいですね~♪


氷の世界 発売翌年陽水さまをインタビューしたラジオ番組の録音が流されます。これも貴重~

僕はどうして歌が作れるんだろう?っていうのを考えて突き詰めていくと、自分が非常に弱い人間だというのにぶち当たるんだよね と言った所でそれを聞いてる今の陽水さまが思わずニヤッとして 病気だねこの人は って一言 あはは(笑)

それは恋愛にも言えるし よく彼女の事を 彼女が何を考えているかとか、何をしたいとか とにかく彼女の頭の中とか 行動ばっかりすっごく注意してた 今の陽水さまが照れくさそうに聞いてます。もうこの姿が見ててニヤニヤしてしまいます(笑)

僕は何を考えているかとか僕が何を嫌だとか全然考えてなくて それは彼女から嫌われるのがとても怖かったからね でもそういうことで嫌われてましたけどね。

今の陽水さま思わず笑ってしまって、ちゃんとオチはつけてある と笑いながら言われてます。 もう本当に面白い~最高~!! この後 Fun を歌われます わ~い嬉しい嬉しい♪

そして 氷の世界 ロンドンレコーディングについてのエピソードなどを皆さんで
話され 歌詞について陽水さまは 多賀さんから わかりにくいからもうちょっと考えたほうがいいんじゃないか と それまでは従順だったけどここら辺から 親に反抗する的なね ちょうど時期を迎えて(笑)

毎日 吹雪吹雪 氷の世界 なんて過激なものを表したい一つの表現だったのかもね。 窓の外ではリンゴ売りってどうして出てきたなんて言われると本当わかんないですよ と。陽水さまでもわからないんですね(笑)

そして曲順も皆さんでとてもとてもこだわって決められてたんですね~!! 何回も何回も入れ替えて聴いて 曲間とかももっとつめた方がとか お尻の3、4曲の順番もまた頭から聴かないとこの感じはわからない(笑)とか言ってと当時の事を楽しそうに陽水さま話されてました。 本当に何回も聴いて決められたんですね。

ジャケット写真を撮影した中村さんも、みんな聴き過ぎて疲れきってわけがわからなくなってる 寄って行くと どれがいいか聴いてくれる?と言われたとか。中村さんは以前「氷の世界」ジャケット撮影の時の事を

楽屋に入ると1人でギターをピシピシピシピシと一生懸命リズムを刻んでる 雑念が入らない世界に踏み込んでしまった 多分関係者もちょっとこの部屋に入ってこれないような陽水の緊張感みたいなものがあったかもしれない とお話されてました。 本当にそんな近寄れないような空気を感じますよね。


そして最後は多賀さんへの質問 アルバム 「氷の世界」あなたのリクエスト曲は?

多賀さんは 一曲ねぇ そしたら 帰れない二人 かな と。

思ったよりも夜露は冷たく 二人の声もふるえていました この出だし誰が考えたのかなぁってゆう興味津々って意味でね

いや本当に知らなかったんだ 清志郎と
陽水の合作だったっていうのは

そうゆう意味では 帰れない二人 かな。


陽水さまはいろんな思いを胸にされた感じで とてもその姿が印象的でした。
何回かうなづかれて 少しうるっとされてた感じ。

そして なかなか僕にとってはいろんな事を考えさせられる選択で興味深かった と。

心もよう で決断したものの いや~お前たちの気持ちはよく分かるよ と。 も~ 帰れない二人 の方がいいっていうのはお前たちよりずっと俺の方が分かってるよ っていう そうゆう選曲だったような気がしてね と。

陽水さまとても感慨深い感じでお話されてました。

多賀さんは以前のインタビューで スマートですごく先鋭的なのが 帰れない二人 で歌謡曲的なのが 心もよう スタッフ全員は 帰れない二人 で僕一人が 心もようこの曲で行く。

それは僕が売るんだってゆうのがあって、強引に売らなくてもいいとゆうのと、強引に売らなきゃいけないんだってゆうのとで ぶつかり合いは年中あったとお話されてます。 プロデューサーとしての多賀さんは 心もよう そして今あなたのリクエスト曲はと聞かれて 帰れない二人 と答えられた多賀さん。なんか何だか親心に触れたような、なんとゆうかとても胸にきました。

陽水さまに 氷の世界 のコンセプトは?と質問では
いろんな曲にいろんな思いがあって 今の時代に生きてる訳だから、生きてる僕がいろんな事感じたり考えたり喜んだり哀しんだりしてるのが曲になってる訳だから、そうゆうのが必ず今を生きてるってことがコンセプトになる コンセプトってゆうか まっ今生きてます 生きていろんな事感じてます とか言いながら それでいいでしょうみたいなね と。

井上陽水にとって「氷の世界」とは?

なんか言うと恥ずかしいんだけど

人間の不条理 かね。


ちょっと哲学的な感じがしますね 。

そしてすぐ画面が切り替わりラストは おやすみ この曲もうれしいなぁ。ラストにぴったり この曲はいろんな意味での終わりを感じさせますね 。

いや~貴重が満載の番組でした!!いろんな陽水さまの表情も見れて すごいすごい良かった~♪♪♪
[PR]
by tukiakariniukabu | 2014-01-12 02:45 | yosui inoue | Comments(0)


日々の何気ないことを     のんびりと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
陽聖さん ライブが始まる..
by tukiakariniukabu at 01:49
ライブが始まる感じ 私..
by ☆★☆陽聖☆★☆ at 10:34
ちみさん ラジオご出演い..
by tukiakariniukabu at 01:19
おお。KBCのラジオ情報..
by ちみ at 22:42
はちたさん メール届いて..
by tukiakariniukabu at 03:14
ギルドさんから、いわき、..
by はちた at 21:01
猫砂さん いえいえ、コン..
by tukiakariniukabu at 02:03
追伸 前回のコメントも..
by 猫砂 at 23:14
投稿してから思ったのです..
by 猫砂 at 19:34
猫砂さん ショップでの購..
by tukiakariniukabu at 00:47
メモ帳
最新のトラックバック
氷の世界 40周年LIVE
from たまりんの気ままなPC日記
「髙橋真梨子CONCER..
from 大村の「PREMIUM」日記
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧